MEO対策 Google Map収益化 優良顧客を店舗まで導くサービス【MEO】実店舗向けの商圏一人勝ち

投稿者: | 2022年3月4日
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
MEO対策

MEO(GoogleMap上位表示サービス)とは

Googleの検索結果では「地域+業種」「最寄駅+キーワード」など、実店舗の送客に影響を与える「ニーズキーワード」で通常検索すると、検索結果の上位に「GoogleMap専用エリア」が表示されます。
こちらの専用エリアは「拠点を構える実店舗限定」のみ表示されるため、ポータルサイトや競合サイトと比較して、たとえ「SEO」で負けていても、MEOなら競合性が低く、比較的低予算でWEB集客を実現できます。
当社のMEOサービスは、「GoogleMap専用エリア(1位~3位)」に表示されるように創意工夫する施策のことをいいます。

 

GoogleMapを活用した集客は既に商圏内の競争優位性を生み出し続けています

GoogleMapの上位表示によるウェブ集客が注目を集めています。それを加速させているのが、Googleの新仕様「ヴェニスアップデート」です。この機能はというと、スマートフォンやタブレットを中心に接続時のIPアドレスから、Googleが自動的に位置情報を検知し、近所(周辺)の情報に適した検索結果に変更させてくれます。

MEO対策

 

反響実績は「Google Insight(インサイト)」からチェック

ビジネスオーナーは、Googlemap(マイビジネス)の管理機能の一つ、GoogleInsights(インサイト)がいつでも利用できます。
こちらのアクセス解析では、主に「合計表示回数」「検索経由・マップ経由の表示回数」「通話数」などのマップを経由した反響データが確認できます。また、計測期間を定めて分析することが可能です。Googleアナリティクスだけでは、調査できなかった情報から費用対効果の検証も可能です。

 

無料診断はこちら

 

MEO対策